マルセロ・カヘラ (Marcelo Carrera)マルセロ・カヘラ (Marcelo Carrera)− サンパウロ − 写真家 − EAV - パルケラジェスクールオブヴィジュアルアーツ・USP-ESPM大学の経営学部卒業

マルセロ・カヘラ写真家の研究と作品はリオデジャネイロに位置するEAV パルケラジェスクールオブヴィジュアルアーツとチャルレス・ワットソン、ジョアオ・カスチーリョ、カイオ・ハイゼビッツ、フランズ・マナタ、ダニエラ・ラブラ、ペドロ・フランサ、ヘナン・セペダ、 ルイザ・バルダン、マルセロ・カンポス、デニゼ・カチリナ、エデル・キオデット、マルコス・ボニソン、ギ・モハレン、クリスチーナ・デ・三デル、クラウジオ・エジンゲル、マルチン・パル、ペドロ・ダヴィ、 コンパニアデフォト、マリ・エレン・マルキとアルフェドロ・ステファノとともに様々な講義やワークショップで行なっている。

2012年にヂアマンチーナ市に位置するエウスタッキオ・ネヴぇス(Eustáuio Neves)芸術家のアトリエと実験所にて住み込みで研究を行った。

研究:

メにナス・ダ・ビラ(Meninas da Vila)(村の女の子達) − 2010 ペドロ・ファリナとのコラボでリオデジャネイロに位置するヴィラ・ミモザと呼ばれるラテンアメリカ最大の売春宿 にて写真撮影を行った。この作品はまだ展示されていないが、マルコス・ボニソン、 ジョアオ・カスチーリョ や カイオ・ハイゼビッツ 芸術家達から称賛を受けた。パトリシア・ゴウベイア (アトリエ・ダ・イマジェン - リオデジャネイロ)の指名により、「リオの写真撮影への眼差し」の展覧会に招待され、プロジェクトに参加した。写真撮影についてのビデオはこちら: Video Link

「トテン・アート集団」(Coletivo Totem Art)を展開し、ミルトン・グランの管理により「フォトリオ2011の限界」というテーマーでこのプロジェクトは初登場した。リオデジャネイロの郵便局文化センター、リオデジャネイロのラウリンダ・サントス・ロボ文化センター、リオデジャネイロの連邦司法省の文化センター、リオデジャネイロのエリオ・オチシカ文化センター等、数多くの文化センターで展覧会を行なった。この集団の2番目のテーマーは「沈黙」であり、クラウジア・タヴァレス学芸員の管理により行われ、リオに位置するボタフォゴ駅の映画館とイメージのアトリエで展示された。

プロフィール発表をするためにアルゼンチンで行われた光祭りに2010年と2012年に参加し、2013年にフランスのアルレス市で行われる国際写真フェスチバルに参加した。

「パンドラピックス」(PandoraPix)という著作物である写真を販売するプロジェトを開発した。販売される写真のすべてはシリーズ番号の証明書が付いてあり、ファインアートプリントのアトリエもある。リオの著作物である写真を集め、豊富な作品数をより良く知られ、注目されることがこのプロジェクトの目的である。

私は写真撮影を通して自分自身の世界観と想像の詩的解釈を構成します。中形と大形のアナログ技術を使用しながら撮影を行うことにより、ミス発生の可能性を高め、後から面白い発見ができる失敗したその作品も無意識なメッセージとして編入します。

展示会

- 色彩のかすかな静けさ - 学芸員:エデル・キオデット- 2015 (連邦司法省の文化センター、リオデジャネイロ)
- コンジュンサオ集団 - パンドラピックス2014のプラットフォームの発表 (モニケ・パトンギャラリー、リオデジャネイロ) 。
- カボ・ベルデ国際写真フェスチバル2014 (ムルチベルソ)。
- ポルトガル・ブラガの国際写真フェスチバル2013 (ムルチベルソ)。
- フォトリオ2013 「本の野」プロジェクト (連邦司法省の文化センター、リオデジャネイロ) 学芸員:マルコス・ボニッソン。
- ラテンアメリカ第一回目のサロン・ドートンヌ展2013 - サンパウロ − フランス-ブラジルサロン・ドートンヌ文化団体。
- アルグスト・マルタ詩的な顛覆 2012 (コパカバナSESC) 学芸員:エヅ・モンテイロ。
- フォトリオ2011 トテンアート (連邦司法省の文化センター、リオデジャネイロ) 学芸員:ミルトン・グラン。
- エジノとアラフ 2011 (イメージのアトリエとアルツールフィダルゴギャラリー、リオデジャネイロ − パルケ・ダス・フイナス、リオでジャネイロ)。
コレクション:
ジョアキン・パイバコレクション - リオデジャネイロ

写真はファインアートでプリントされ印刷数に制限がある。プラットフォームで販売されている作品はシリーズ番号の証明書に写真家のサイン付のみである: “PandoraPix” − Fotografí吹 Contemporá℃ea de Autor − Rí随 de Janeiro − Brasil.